美食の都、リヨン市 Lyon

美食の都、リヨン市 Lyonパリ・リヨン駅(Gare de Lyon)から電車で2時間、「美食の都」リヨンに到着します。駅は2つ、旧市街に近い「ペラーシュPerrache」駅と、新市街に近い「パール・デューPart-Dieu」駅があります。

中世の城壁、円形劇場など、ローマ時代の史跡を色濃く残す歴史の深い街、リヨン。横浜とは姉妹都市を結び深く繋がりを持つ町でもあります。絹産業が盛んだったことから、上質のネクタイやスカーフなど絹織物も豊富。光の都とも言われるこの町。夜のライトアップは息を呑む美しさです。

アルプスから流れ出るローヌ川と、平行して流れるソーヌ川が街全体を美しく色立て、川を境に旧市街と新市街に分かれます。街の中には地下鉄・バスは勿論、トラムウェイが網羅し、アクセスもとっても便利。新市街には噴水の美しい市庁舎やモダンな造りのオペラ座、装飾博物館(Musee des Arts Decoratifs)や織物博物館(Musee des Tissus)、リヨン美術館(Musee des Beaux-Arts)等が点在しています。

リヨンLyon丘の上のシーザー リヨンLyonバジリカ大聖堂 リヨンLyonバジリカ大聖堂

中心へ行くとルイ14世の騎馬像が構えるベルクール広場が出てきます。この広場の片隅に、皆さんご存知の「サンテグジュペリ像」があります。「星の王子様 Le Petit Pricne」で世界中に親しまれているこの小説の筆者、「アントワーヌ・ド・サンテグジュペリAntoine de St-Exupery」が1900年6月29日生まれた街、それがここリヨンなのです。生誕100周年を記念し2000年にこの像が立ったそうです。

ソーヌ川に架かる橋を渡り、旧市街に入ると目の前には美しいフルヴィエールの丘が望めます。美しい川と赤茶色の屋根で統一された家々と石畳、その奥に続く丘の斜面は素晴らしい景色です。麓のケーブルカーを登ると。。。そこにはリヨンの町全体を眺めることのできる美しい展望台が待っています。丘を出迎えてくれるのはリヨンのシンボルでもあるシーザーの像にそびえ立つノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourviere)。中は美しいステンドグラスと厳かな灯りに包まれた空間です。

市街には美食の町と言われるべく、名物でもある赤いプラリネアーモンドがぎっしりつまったブリオッシュがショーケースに並べられたパン屋さんやリヨン料理を楽しめるレストランが沢山。リヨン地方独特の呼び方「ブションBuchon」と呼ばれる庶民的なビストロが軒を連ねます。私のお勧めはリヨン名物ソーシッソン・リヨネーズSaucisson Lyonnaisとタブリエ・ド・サプールTablier de sapeur(胃膜に卵とパン粉をつけてバターで焼いたもの)、アンドゥイエットAndouillette(豚の腸詰め)、川魚のクネルを是非。思い出のディナーにはミシュランでも有名な3つ星レストラン、ポール・ボキューズも魅力です。

街主催のレンタル自転車があちこちに設置され、ツーリストの足となってくれる便利なシステム。自然と歴史の景観、美食の都リヨン。食べて歩いて見て、お腹も心も満たされる旅行になる事間違いなし。お土産には可愛いギニョルGignol(子供向けの操り人形劇に登場する人形)グッズはいかがでしょうか?

Lyon【リヨン】
≪電車≫ パリ・Gare de Lyon駅 ~ リヨン・Perrache 又はPart – dieu駅までTGVで約2時間。
≪飛行機≫パリからリヨン・サンテグジュペリSt-Exupery空港まで焼く1時間。
空港~市内(約25km)はシャトルバス(所要約50分)
・ 観光案内所 Place Bellecour tel :04 72 77 69 69 / fax :04 78 42 04 32
http://www.lyon-france.com/ (日本語選択可能)
・ Maiosn de la France (Lyon地方) HPサイト
http://www.franceinformation.or.jp/rhone_alpes/lyon/lyon.html
・Lyon City Card リヨン・シティーカード (お得な観光パスポート)
美術館の入場料やガイド、コンサート、遊覧船などが無料に。又、様々なお店でお得な割引特典も用意。更にリヨン市内のメトロ・バス・トラムウェイなど、市内公共交通機関乗り放題のチケットも付いてきます
大人料金 1日フリーパス (18ユーロ) 、2日フリーパス (28ユーロ) 、3日フリーパス 38ユーロ
子供料金 大人料金の半額 (18歳以下。大人用1枚購入に付、3枚まで購入可能。特典は大人用と同様)

■織物歴史博物館 MUSEE DES TISSUS
住所 34, RUE DE LA CHARITE
電話 04 78 38 42 00
時間 10:00~17:30
休館日 月曜日、祝日
料金 5ユーロ (18歳~25歳、学生は3.5ユーロ、10名以上のグループ4ユーロ、17歳以下無料)
http://www.musee-des-tissus.com

■装飾博物館 MUSEE DES ARTS DECORATIFS
住所 34, RUE DE LA CHARITE
電話 04 78 38 42 00
時間 10:00~12:00 14:00~17:30
休館日 月曜日、祝日
料金 5ユーロ (18歳~25歳、学生は2.5ユーロ、10名以上のグループ4ユーロ、17歳以下無料)
http://www.musee-des-tissus.com

■リヨン美術館 MUSEE DES BEAUX-ARTS
住所 20, PLACE DES TERREAUX
電話 04 72 10 17 40
時間 10:00~18:00 金曜10:30~20:00
休館日 火曜日、祝日
料金 6ユーロ (学生、10名以上のグループは4ユーロ 17歳以下無料


美食の都、リヨン市 Lyon」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 今夏はレンタサイクを Vélib’ »パリ発毎日更新フランス情報ハヤクー::hayakoo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>