オーガニックでアットホームな朝食 Le Pain Quotidien

店名、その名も「日々の糧」。パリジャンの日常生活には欠かせない主食、パン。ヘルシーブームが囁かれる中、BIO(有機栽培、いわゆるオーガニック)も脚光を浴びる今、街中のブーランジェリーにもBIOを掲げるお店が増えてきました。

ル・パン・コティディアンは、1993年にベルギーのブリュッセルでオープンし、今やヨーロッパに10店舗以上を構えるチェーン店。当時ベルギーで有名レストランのシェフだったアラン・クモン(Alain Coumont)氏が、お客様の為にもっと美味しいパンをと追求しだしたことがきっかけだそう。
その後、彼の追及はオーガニックに辿りつき、全ての素材が自然であることの意味を発見。

このお店では、日常生活の向上と健康の改良を追い求め、自然が一番であることをモットーにしておられます。パンにおいてはオーガニックを基盤にオリジナルのものを。

化学肥料や農薬、除草剤、添加物、保存料、着色料は一切使わず、品質と原料を厳密に守ったBIO。

又、店内は寛ぎと家庭的な雰囲気を感じてもらえるように厳選され素材を使い、自然の木の温もりが優しい、何とも女性好みな可愛い山小屋のような空間。
大きな木のテーブルを真中に、オーベルジュのダイニングを思わすアットホームな店内は、他人同士でも隣に並んで座ることで親しみある家族のような雰囲気を、というコンセプトのもとに作られたそうです。各テーブル毎に数種類のコンフィチュールやチョコレートクリームが用意され、どれをどれだけ使ってもOKなのです。勿論これらのコンフィチュールも100%BIO。ハチミツや果物、野菜、ジュースにカフェ、紅茶の原料もBIOなのです。

素朴で自然なものが一番、というこちらのお店。パンにも店内にも徹底されています。
小麦そのものの風味を感じられる粉で作ったパンは噛めば噛むほど自然の味が感じられます。小麦、ライ麦の他、ドイツ麦と言われる実が固い殻に覆われた野生の品種を使用。プロテイン、マグネシウム、鉄分やビタミンB1が豊富で、ドイツの黒パンによく見られる品種です。これら自然の素材を大切に、古代のレシピそのままの製法にて再現されているのだとか。

石で挽いた小麦を天然酵母で発酵させ、ヤナギの発酵カゴの中に入れて亜麻のフキンをかけ、焼いた石の上に置いて発酵を待つそうです。この作業を綿密に行い、焼きあがったパンの数々は…食べてからのお楽しみ。

パンにバター、サラダにスープに、オレンジジュースにカフェ。ちょっとしたお料理もついたメニューも豊富にあり、目移りしてしまいます。もちろん、目の前のコンフィチュールやクリームはお好きなだけ。

サービススタイルも可愛らしくて、食べるのも楽しいプチ・デジュネ風。テイクアウトもあり、ちょっとしたタルトやチョコレートなどのお菓子もあります。

居心地のいい空間。ちょっと早起きしてのんびり朝食、又は遅めのブランチなんていかがでしょうか?100%BIO、体に優しいパン。日々の糧はBIOに有り!

Le Pain Quotidien 【ル・パン・コティディエン】
■Saint Honoré店
18, place du Marché Saint Honoré 75001 Paris
Tel : 01 42 96 31 70
営業時間 : 日月7h00 – 19h00 / 火-土7h00 – 22h00
メトロ : 1 番線 Tuileries 、7、14 番線 Pyramides
75001 Paris, フランス

■Montorgueil 店
2 rue des Petits Carreaux 75002 Paris
Tel : 01 42 21 14 50
営業時間 : 7h00 – 23h30
メトロ : 3 番線 Sentier
75002 Paris, フランス

■Le Marais 店
18-20, rue des Archives 75004 Paris
Tel : 01 44 54 03 07
メトロ : 1,11番線 Hotel de Ville
営業時間 : 7h00 – 22h00
75004 Paris, フランス

定休日 全店舗 無休
http://www.lepainquotidien.com
■その他
Aix en Provence ,Lille にも有り。
営業時間は各店によって変更することもありますのでご注意下さい。

オーガニックでアットホームな朝食 Le Pain Quotidien」への5件のフィードバック

  1. 井坪かおり

    はじめまして。blogを読ませて頂きました井坪かおりと申します。先週パリを旅行しまして、昨日パリから帰国致しました。パリで初めてル・パン コティディアンで朝食を食べて感動し、ジャムやクリームを買ったのですが、空港で手荷物にしてしまった為、荷物チェックの際、没収されてしまい涙しました・・・ どうにか手に入らないものかと探しております。フランスから送って頂けないでしょうか・・・突然申し訳ありません・・・。お返事お待ちしております。

  2. ピンバック: フランスといったらやっぱりこれだよね « 海外な暮らしと「旅」in France & USA

  3. ピンバック: イギリスで暮らそうっと!

  4. ピンバック: オーベルジュのような爽やかダイニングサロン Le Pain Quotidien Varenne店 | パリ発フランス情報ハヤクー::hayakoo

  5. ピンバック: 街角Pâquesショコラレポート2009 Chocolats de Pâques | パリ発フランス情報ハヤクー::hayakoo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>