次へ行くのはシベリアか、モスクワか LE DIVAN DE STALINE

森の中にある城で三日間の休日を過ごすスターリン。それに付き添うのは、長年スターリンの愛人であるリディア。書斎のある部屋には、まるでロンドンの精神分析家フロイトの仕事部屋にあるような、長ソファが置いてある。スターリンはリディアに、夜に精神分析セラピーの真似事をしてみないかと提案する。同じ期間同じ場所では、スターリンの業績をたたえるモニュメントのプロジェクトを企画したアーティスト、ダニロフがスターリンから企画の許可が出るのを待っていた。
三人の間に繰り広げられる危なく、複雑な関係。主題は徐々に、生き残るための恐怖と裏切りに焦点が当たっていく。

フランス映画の巨匠フランソワ・トリュフォーのパートナーでもあった女優ファニー・アルダン。女優としても今だ現役、監督としては本作で3本目の挑戦だ。
原作はジャン=ダニエル・バルタサ Jean-Daniel Baltassatによって書かれたもの。
映画の舞台であるロシアは、彼女が15年ほど前からずっと情熱を傾けているテーマだ。特にロシア文化について興味があり、あの苦しく、厳しく制限されていた時代において、秘密に守ってきた芸術やオシップ・マンデリシュタームのようなアーティストたちの反骨な精神・魂に惹かれるという。

ソビエト連邦の最高指導者ヨシフ・スターリンを演じるのは、国民的人気個性派俳優のジェラール・ドパルデュー。
長年付き添った愛人リディアには、エマニュエル・セニエ。私生活のパートナーであるロマン・ポランスキーの映画をはじめ、劇場でも活躍するフランス女優だ。

いつの三日間かはわからない休暇、太りすぎてロシア語を話さないスターリン、この映画は伝記ドキュメンタリーではない。森でのおとぎ話なのだから。

LE DIVAN DE STALINE 【ル・ディヴァン・ドゥ・スターリン】
2017年 フランス・ポルトガル作品 92分
監督 : ファニー・アルダンFanny Ardant
出演 : ジェラール・ドパルデューGérard Depardieu, エマニュエル・セニエEmmanuelle Seigner, ポール・ハミーPaul Hamy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>