金の雫のパティスリー La Goutte d’Or

昨年9月、パリ18区のLamarck Coulaincourt界隈に、新しいパティスリー「La Goutte d’Or(ラ・グット・ドール)」がオープンしている。

シェフのYann MENGUY(ヤン・マンギィ)氏は、2013年にフランスで放映されたTV番組「Qui sera la Prochain Grand Patissier(次世代のパティシエは誰!)」において、フィイナリストに残った実力者。その後も、パティスリー界の若きスターシェフ、クリストフ・ミシャラク氏の営むMaster Classe(パティスリーの一般向け教室や、プロ用育成コースなど)のプロジェクトに参加するなどの経歴を持つ。

店名の「La Goutte d’Or」は「金の雫」の意。グラフィック感溢れるオリジナルなロゴも、ヤン氏が自らデザインしたものだそうだ。常にトップクラスのパティスリーを目指し、このショップをオープンさせたシェフ。あくまでもトラディショナルをベースにしたパティスリーと、コーヒ―ショップがコンセプトらしい。

店内は、こじんまりとはしているが、明るい光沢のあるコンクリートにアンティークの鏡。小さなカウンタースペースでは、ドリンクと共にイートインも出来るように配されている。ちなみに、こちらで提供されるコーヒーは、Café Lomiのもの。紅茶は、この界隈で15年も続いているBon Théのビオ製品だということである。

それでは、パティスリーを紹介していこう。
まず、シェフのスペシャリテは、店名と同じ「La Goutte d’Or(5,50ユーロ)」。ショコラ味のビスキュイには、小麦粉の代わりにサラザン粉(そば粉)が使われており、所どころコリコリとした食感が感じられる。上部のグルグル部分は、口どけの軽いショコラ風味のシャンティ・クリーム。焙煎されたノワゼットのかけらが香ばしいアクセントを与えている。

次は、「Le Miel(17ユーロ)」。薄いスクレ生地の上には、ライムの果汁、ハチミツでコンポートにしたバナナをとじ込めたフロマージュ・ブロンのムースがポコン、ポコンと絞り出されており、それを覆うように、ハチミツをイメージした黄金色に輝くショコラ・ブロンが置かれている。上質なハチミツのコクと、バナナのフレーバーが想像以上の美味しさ。

3つ目は、「Tarte Vanille(5,5ユーロ)」。ヴァニラの効いた薄いスクレ生地に、ブルボン製のヴァニラをふんだんに使用したアーモンド・クリームは、柔らかく、かなりの軽さ。薄いグレーの円盤(ショコラ・ブロン)を添え、とてもスタイリッシュな美しいフォルム。

最後は、「Le Citron Yuzu(5ユーロ)」。しっかり目のスクレ生地に、レモンとユズの果汁をふんだんに加えたクリームを置き、レモン香るふんわりとしたメレンゲ・クリームをかぶせたパティスリー。クリームは、こちらもかなり軽めだが、しっかりとレモンやユズの酸味、香りが味わえる。

その他、ショーケースには、Cake(12ユーロ)、Mousse Chocolat(5ユーロ)、Tablette de Chocolat(タブレット3種 各8,5ユーロ)などが並ぶが、季節により次々と新しい商品が登場するようである。

なお、今年のパック(復活祭)には、ショコラの他、目玉焼きをモチーフにした可愛らしいパティスリー「L’Oeuf au Plat」も予定中とのこと。皆さんも、この界隈に来られることがあるならば、是非、足を伸ばしてみてほしいパティスリーである。

La Goutte d’Or【ラ・グット・ドール】
住所:183 rue Marcade 75018 Paris
TEL:01 42 59 39 85
メトロ:12番線 Lamarck Coulaincourt
営業時間:火曜~金曜日 8時~13時 14時~19時30分 / 土曜日 9時~13時 14時~19時30分
定休日:日曜、月曜日
HP:www.facebook.com/GouttedorYannMenguy/
183 rue Marcade 75018 Paris

スイーツの都

chiharu について

パリ在住15年。パリにて、フランス料理と、パティスリーのディプロムを習得。日々の暮らしの中で見つけたパリらしいグルメや、素敵なものをご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>