パリの洋食屋さん CHEZ Miki

パリの洋食屋さん CHEZ Mikiオレンジの日さしが目印の、『シェ・ミキ(CHEZ Miki)』。
2007年6月、パトロンシェフである三木綾子さんが、二人の女性スタッフと共にオープンさせた、今うわさの洋食屋さんである。
この三木さん、日本では資生堂パーラーでお菓子の商品開発を手掛けていらしたそうだ。渡仏後、コルドン・ブルーにてフランス料理を学ばれ・・・遂に昨年、夢でもあった彼女のレストランオープンに到った。(写真は左からシェフの三木さん、清子さん、彩さん)

すっきりした中にも彼女達のセンスが汲み取れる店内。ゴタゴタしていないのが、逆に気持ち良い。テーブル席は、全部で16席。カウンター席もあるので、一人でも大丈夫!
今日は、評判のお昼のお弁当ランチ(15ユーロ)を頂いた。

それぞれ6~7種類はあるメニューの中から、アントレ2種類と、メインを1種類選ぶと、ステキなお弁当箱に入れられてくる。それに、ごはん、吸い物、デザートが付くのである。

パリの洋食屋さん CHEZ Miki パリの洋食屋さん CHEZ Miki パリの洋食屋さん CHEZ Miki

どれも捨てがたく、かなり迷った挙句、アントレに、『イワシのマリネ』と、『カボチャのコロッケ』を。メインに、『地鶏の照り焼き』を選ぶ。

その他、この日のメニューには、アントレに、『ひじき』、『大根サラダ』、『う巻き』など。メインに、『鮭の刺身』、『豚の生姜焼き』、『しそにんにくトンカツ』など・・・・・どれも惹かれるものばかり。

まず、『イワシのマリネ』は、軽く揚げられたイワシに、添えられたタマネギと、ニンジンのしゃきしゃき感も心地よい、レモンと酢味が旨い1品。
『カボチャのコロッケ』は、丸っこいコロッケが2個。中は、ほくほくのカボチャが満タンで、何だか懐かしさがこみ上げてくる美味しさ。
メインの『地鶏の照り焼き』の方は、トロっと甘みの効いたタレがからめられた、肉厚の地鶏が6切れ。ジューシーな鶏肉と、このタレの相性が何とも絶妙!
吸い物の具は、わかめ、大根、刻み葱。上品な味付けに仕上げられている。

パリの洋食屋さん CHEZ Miki パリの洋食屋さん CHEZ Miki パリの洋食屋さん CHEZ Miki

今日のデザートは、『コーヒーゼリー』か、『抹茶ムース』だったので、『抹茶ムース』を取ってみる。
涼しげなガラスの器に盛られたムース。甘さはひかえ目、その分、抹茶の風味が生かされた絶品で、たっぷり添えられる生クリームも嬉しい!

夜は、アラカルトのみ。
アントレは、『大根と貝柱のサラダ(8ユーロ)』、『山芋・明太・チーズの春巻き(9ユーロ)』など。『ホタテとキノコのポン酢バター風味(12ユーロ)』は、人気の1品だそうだ。

メインの方のダントツ人気は、『海老クリームコロッケ(18ユーロ)』、『オムライス(16ユーロ)』。その他、『牛タンシチュー(20ユーロ)』や、『明太子スパゲティー(20ユーロ)』など・・・・。これらに、自家製パンが付く。

パリの洋食屋さん CHEZ Miki パリの洋食屋さん CHEZ Miki パリの洋食屋さん CHEZ Miki

(ご飯、味噌汁は別料金となるそうで、各3,50ユーロ。)

デザートは、『チーズケーキ(8ユーロ)』、『プリン(6,50ユーロ)』、『アイスクリーム(8ユーロ)』など。食後のコーヒーは、2,50ユーロとなっている。

心のこもった料理(紛れも無い日本の味!)に、女性らしい細やかなサービスが嬉しいレストラン。フランス人のお客さんも増えているのだそうだ。
パリで、日本の味が恋しくなったら・・・是非、足を運びたいレストランである。

CHEZ Miki【シェ・ミキ】
5 rue de Louvois 75002 Paris
Tel : 01 42 96 04 88
メトロ : 3番線 Quatre Septembre、7・14番線 Pyramides
営業 : 12:00 – 14:30 / 19:00 – 22:30
定休日 : 日曜の昼、月曜日、祝日


パリの洋食屋さん CHEZ Miki」への7件のフィードバック

  1. すずきちか

    慇懃無礼って四字熟語がぴったりのお店。
    しょっぱいのに一味足りない。
    まあ、しょうがないですね、素人のお嬢さん料理なんでしょうから。
    サービスの方、ほかの方に変わった方がいいのではないですか?お金にならない客には顔に出る。すばらしい。もう行きません。アデュ。

  2. 猫大好き

    私もちかさんと同様意見。まず、ゆっくり出来ないし、ワインもグラスで高い!早く食べて出て行って!という接待。外には待ってる人がいるし、落ち着かず、狭い店内で、うちでも簡単に出来るものばかり。パリに観光に来て、ランチに時間取れないが、和食っぽいもの食べたい、という人にはいいかも。
     もう行きません、という思いは一緒。

  3. せん

    私はこのお店大好きです。先日も行ってしまいました。
    パリ在住でいろいろな和食屋さんを回りましたが、何を食べてもハズレ無しで丁寧に作られていて本当に美味しいし、気軽に行けるので在仏日本人としては有り難いお店です。
    だいたいのパリの和食屋さんって、どんなにお洒落な雑誌に掲載されていても、このレベルだったら日本だったら間違い無く潰れるというお店が多いですが、このお店は日本でも問題なく繁盛するお店です。
    お腹をすかせて行って、メニューを悩んで選んで、運ばれてきたお料理を一口食べると「うーん!美味しい===!」っていつも思います。
    創作系のメニューも美味しいし、基本のメニューも美味しいです。
    メニューも沢山あるので全メニュー制覇を目指して通ってます。

    パリに来た時に和食が恋しくなったら行かれる事をお勧めします(^-^)

  4. ピンバック: Oh! Bento Labo » Oh! Bentoコンシェルジュ 松本希子の「ゆさんすたいる」2014年7月号

  5. ミミ

    初めて来店しましたが、私ももう来ないと思います。
    味は普通の家庭料理。サービスは、すずきちかさん他が4年前に書かれてた通りで、同じ日本人として恥ずかしいくらい、不親切。フランス語力にも問題あるんだとは思いますが、お金にならないお客様に失礼なほど冷た過ぎます。横で見ていても不愉快でした。
    能力の及ばない者は、淘汰されるべきだと思います。

  6. ナホミ

    今日行きました。まぁ色々びっくりして検索したら皆同じ事を思ってるしw
    最初は混んでるし、大変だろうなーと思ってましたが、最終的に接客業わかってないですね。
    箸は出されず、お冷やもなし。
    お味噌汁が出てこないので『お味噌汁は頂けるんですか?』と聞いたら追加で1€と言われて?
    メニューにはセットになってたけど、見間違いだったかと諦めましたが、和食でお吸い物なしって変だなと思ってまた外のメニューで確認したらやっぱりセットに入ってる❗
    恐らくおかわりと勘違いしたんでしょうけど、お客に全部料理サーブしたかどうか確認しないなんて。。。
    料理自体は普通においしかったですが、レベルは自分でも作れるけど手間を省いて食べたいなら悪くないかな程度です。あと量も少ないし。
    とにかく接客、お店の雰囲気(活気があるんじゃなくて、慌ただしい)全然だめです。
    記事間違ってますよ。めっちゃ店内ゴタゴタしてますw
    あとキッチン汚すぎ

  7. あやこみき

    仕方ないじゃないー。もともと飲み屋のねーちゃんなんだから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>